30年の経験に基づく正確な診査・診断で小さな病変も見逃しません

30年の経験に基づく正確な診査・診断

当院の院長・副院長は、歯科医師歴30年の診療経験に基づく正確な診査・診断を行っています。診断を行う時、症例によってはレントゲン写真の画像ではわかりにくく、正確な診断ができないことがあります。特に埋伏歯や根の状態を正確に診断するには経験が必要で、経験不足から見落としや誤診をしてしまう可能性もあります。

こうした時、30年という長い診療経験は非常に役に立ちます。過去の症例と照らし合わせながら様々な可能性を探ることができ、小さな異変や病巣さえも見逃すことがありません。30年の経験に基づいた観察力と注意力で、正確に診査・診断します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております