当院のCT診断により難症例にも対応

歯科用CTと従来のレントゲンでは得られる情報量に大きな違いがあり、画像も遥かに鮮明です。さらに画像をピンポイントで拡大・縮小でき、不鮮明だった部分もはっきりわかります。CTによる診断は今やインプラント治療には欠かせませんが、それ以外にも親知らずや根の先の病巣をCT診断すると、レントゲンだけでは治療困難と判断された症例でも治療ができる可能性が広がります。

インプラントの診断インプラントの診断
インプラント治療は骨の状態が良好でないと治療が困難です。ところがレントゲン診断だけでは骨の状態や骨や歯の位置関係を正確に把握することができません。CT画像は口腔内を立体的(3D)に映すので奥行や骨や歯の位置関係、骨の長さや厚さなども把握できるようになり、より正確な診査・診断ができます。

親知らずの診断親知らずの診断
親知らずのように歯が顎の骨の中に埋まっている場合、血管や神経に触れている可能性があり、抜歯をするときに神経や血管を傷つける恐れがあります。レントゲン画像では影になって見落とすことがありますが、CTは影の部分もはっきりわかるので、血管や神経を避けて安全に抜歯ができます。

根管治療の診断根管治療の診断
根の先の病巣が小さいとレントゲン画像に映らずに見落としてしまうことがあります。CT画像は根の先の病巣や異変をはっきり映すので、小さな病変も見逃すことがありません。また複雑に分かれている根の先も把握できるので正確な診断ができます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております