優れた技術力を持つドクター

優れた技術力を持つドクター院長は神戸大学病院時代に口腔外科の研鑽を積み、外科手術を必要とする受け口や口蓋裂の治療も経験してきました。重度の不正咬合を治すための高度な矯正技術も学び、矯正治療も数多く行ってきました。受け口などの矯正は難易度が高く専門的な知識と技術を必要としますが、大学病院時代に多様な診療経験を積み、技術力には自信があります。その技術を活かして当院でも質の高い矯正治療を行っています。

安全で無理のないインプラント治療
当院でも口腔外科の技術を活かしたインプラント治療に取り組んでいます。口腔外科の視点からインプラントのメリットを熟知していますが、手術に伴うリスクも充分に理解しておりますので、安全・確実をモットーに決して無理をしない治療を心がけています。骨の状態が安定したリスクの少ない方にはインプラントをおすすめしますが、条件的に難しい症例には別の治療法を提案したり、提携している大学病院を紹介することもあります。

インプラント手術には執刀医とアシスタントのコンビネーションの良さが求められます。アシスタントが流れを把握しながら執刀医をサポートすることで、安全・確実に手術を進めることができます。当院では院長と副院長の二名体制でインプラント手術を行います。副院長も口腔外科出身なので手術全体の流れがわかり、互いに補いながら進めていきます。二人のエキスパートによる手術で安全・確実なインプラント治療を提供します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております