歯科衛生士+歯科医師によるていねいな歯周病治療

当院では、歯科衛生士と歯科医師が二人三脚で行う歯周病治療を行っています。一般的には歯科衛生士がスケーラーで歯石を除去して終わります。症状によって異なりますが、改善効果が認められるまでに期間がかかり、再発を防ぐことが難しいと言えます。当院では歯科衛生士が歯石をていねいに除去した後、歯科医師がレーザー照射をするので、歯周病菌の殺菌が効果的にでき、治療成果を高めています。

レーザー治療とはレーザー治療とは
レーザー治療とは患部に直接レーザーを照射し殺菌などを行う治療法です。歯周ポケットの奥深くまでレーザー光が届くのでスケーラーでは除去しきれない細菌を効果的に死滅させることができます。またレーザーを照射することで歯肉の炎症を抑えることができるので治癒効果が高まり、骨や歯周組織の再生を促して歯周ポケットを改善します。

レーザー治療では特殊な波長をもつレーザー治療器を使用します。歯周ポケット内の組織や歯肉にダメージを与えずに細菌だけにアプローチするので、術中の痛みや術後の腫れもなく安全です。患者さまの負担を最小限にした非常に効果の高い治療です。

<レーザー治療のメリット>
・麻酔を使わずに治療ができる
・照射中の痛みや熱さなどがない
・歯周ポケット内の細菌を直接殺菌できる
・歯周外科を避けられる可能性が高くなる
・歯ぐきの炎症を沈める

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております