できるだけ削らない取り組み

できるだけ削らない取り組み当院では歯を長持させるために、できるだけ削らない治療を徹底しています。歯を削るのは傍目から見ると簡単に見えますが、実は経験が浅いと削り過ぎたり、取り残したりすることがあります。削り過ぎや取り残しは、むし歯の再発に繋がるだけでなく補綴物の仕上がりが悪くなり見た目にも影響します。

当院は30年の経験で培った技術で必要最小の量だけを削るので、削り過ぎたり取り残したりすることがありません。かぶせ物や詰め物を入れた時の完成形をイメージして削る量を調整するので、むし歯だけを確実に取り除くだけでなく、美しく仕上げることができます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております