インプラント治療でどのように改善されるのでしょうか?

総入れ歯の方の場合総入れ歯の方の場合
●問題点
・味覚が異なります
・発音障害になる場合があります
・違和感、異物感を感じます
・痛みを感じる場合があります
・粘りのある食べ物や硬い食べ物に苦労します

次へ

●インプラント治療にした場合総入れ歯の方の場合
・違和感、異物感がありません
・審美的に良好で、自然にお話できます
・自分の歯に近い感覚で味覚が楽しめます
・食べ物を選ばず快適に食べられます
・治療から2ヶ月で噛めるようになります


部分入れ歯の方の場合部分入れ歯の方の場合
●問題点
・入れ歯の留め金によって痛みを感じる場合があります
・異物感、違和感があります
・審美性に欠けます
・粘りのある食べ物や硬い食べ物に苦労します
次へ

●インプラント治療にした場合部分入れ歯の方の場合
・留め具を必要としないので口の中がスッキリし、審美的にも良好です
・治療から2ヶ月で自分の歯に近い感覚で噛むことができます
・食べ物を選ばず食事を楽しむことができます


ブリッジの方の場合ブリッジの方の場合
●問題点
・隣の健康な歯を削らなくてはなりません
・支える歯に負担が少々かかります
・支える歯が2本以上必要です
・歯の抜けた部分の骨が、次第にやせていく場合があります

次へ

●インプラント治療にした場合ブリッジの方の場合
・健康な歯を削ることはありません
・顎の骨の吸収を防ぐことができます
・自然な感覚で噛めます
・治療から2ヶ月で自分の歯に近い感覚で食事が楽しめます


放置の方の場合放置の方の場合
●問題点
・周囲の歯が動きます
・対合していた歯が伸びてきます
・食べ物がつまりやすくなります
・噛む機能が低下します
     ↓
周囲の歯が歯周病やむし歯になりやすい

次へ

●インプラント治療にした場合放置の方の場合
・周囲の歯が動きません
・自分の歯を健康に保つことができます
・治療から2ヶ月で噛むことができます
・審美的に良好です(見た目がきれいです)

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております