当院の主な診療内容(口腔外科)

親知らず・埋伏歯の抜歯親知らず・埋伏歯の抜歯
現代人は顎の大きさが小さくなっているので、親知らずが並びきらないことが多くあります。その為、まっすぐ生えないなどの問題が起こり、他の歯にいろいろな悪影響を与えることがあります。真横に埋まっている場合も多く、その際には抜歯時に歯肉を切開し、骨を部分的に削って抜く必要があります。

顎関節症
お口が開きにくい、開けるときに痛みがある、関節から音が鳴る。このような症状を顎関節症といいます。咬み合わせ・歯ぎしり・生活習慣・ストレスなど、さまざまな原因が顎関節症には 影響していますので、その治療には総合的な診査・診断が重要です。

口腔粘膜疾患
口内炎、口腔扁平苔癬・白板症・ウイルス感染症・水疱症などの口腔粘膜に発現する水疱、びらん、潰瘍(できもの)などをいいます。ただの口内炎と思っていたら悪性の腫瘍だったというケースも少なくありませんので、症状が一向に治まらない場合は診察をお勧めします。

舌疾患
舌炎、舌痛症、口腔乾燥症(ドライマウス)、味覚障害、先天性の疾患

先天性の疾患
上唇小帯(上唇の中央から歯茎に伸びるスジのこと)・舌小帯(舌の裏のスジのこと)の異常

唾液腺疾患
唾石症(唾液腺や唾液を送る排泄管内に結石が生じる)など

インプラントインプラント
歯を失った部分の骨にチタン性の人工歯根を埋め込みます。
インプラントはこちら

外傷
歯の破折、顔の骨の骨折、口腔軟組織裂傷(口内や唇の裂傷)などの外傷に対する処置です。緊急を要する場合がほとんどですので、直ちにお問合せください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております