2017年5月19日

将来の美しい永久歯のために

美しい永久歯のために

小児歯科では、むし歯を治すだけではなく歯と顎の正常な成長と発達を促し、将来予測される歯の問題を未然に防ぎます。お子さまの成長に合わせて、むし歯の無いきれいな歯並びと、正しい咬み合わせになるための最善の治療を行っていきます。当院では、小児期における歯列不正が特に重要課題と考え、必要な方には小児矯正の治療も行っています。

生まれたばかりの赤ちゃんはむし歯菌をもっていません

当たり前のことですが、むし歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口には存在しません。菌は主に母親やご家族から感染します。そのためにご両親のお口の衛生管理をしっかり行うことが重要です。子供が生まれたら、まずはお父さまお母さまの歯科医院での検診をお勧めいたします。

生まれたばかりの赤ちゃんはむし歯菌をもっていません

乳歯が生えそろったら

乳歯が生えそろったら乳歯が生え揃うくらいになると、正しい歯の磨き方を教わらないうちにお子さまだけに任せてしまうのは危険です。当院では、歯科衛生士によるていねいなブラッシング指導を行っております。むし歯のないきれいな永久歯のために、早めに正しいブラッシング方法を身につけましょう。

当院の主な診療内容(小児歯科)

1.むし歯や歯肉の病気の治療と予防(フッ素塗布)
特に、むし歯予防に力を入れています。定期検診でシーラントやフッ素塗布も実施しています。

2.咬合誘導(歯列育成のための予防矯正や歯列矯正まで)
お子さまの歯並びを、生えかわりの時期から見守っていきます。

3.外傷歯の修復・整復・固定
前歯をぶつけて抜けてしまったり、ぐらぐらになったり欠けてしまった場合は、すぐにご来院ください。

4.口腔清掃指導
当院の歯科衛生士が、ていねいに歯磨き指導を行います。

5.口腔悪習癖(母指吸引癖・咬爪癖・舌弄癖など)の除去指導
指しゃぶり、爪を噛む、舌の癖など、歯や咬み合わせにとって悪い癖をやめられるように指導します。

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)

高齢化社会となり、入れ歯でお悩みの方も多いかと思われます。入れ歯の調子が良くないのは、ご自身の顎の形や大きさ、または歯ぐきの状態が悪いせいだと諦めていませんか?ですが、決してそうではない場合がたくさんあります。当院にてお気軽にご相談下さい。

当院の主な診療内容(入れ歯)

[Ⅰ]総入れ歯の方は‥‥入れ歯の診療
今までの義歯が外れやすく食事がしにくいとお困りの方は、一度当院へご来院下さい。診査の上、現状よりご満足いただける義歯をご提案いたします。

[Ⅱ]部分入れ歯の方は‥‥
今までの義歯では金属のバネがゆるくて外れやすいとお困りの方は、一度当院へご来院下さい。診査の上、現状よりご満足いただける義歯をご提案いたします。

今までの義歯では金属のバネが見た目に良くないとお困りの方は一度当院へご来院下さい。新技術から生まれたバネのないノンクラスプデンチャーをご提案いたします。

ノンクラスプデンチャーの特徴
●自然な美しさ
従来の部分入れ歯にみられる金属のバネがありませんので、笑ったときに金属部分が見えません。笑顔が素敵に映える入れ歯になります。

●快適なつけ心地
入れ歯自体が薄くて軽い仕上がりなので、口の中がすっきり感じられます。

●歯にも優しい
残っている歯に金属のバネで固定する従来の部分入れ歯と違い、金属バネのない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は残っている歯に負担をかけずにしっかりと入れ歯を固定できます。

●金属アレルギーの方にも
金属アレルギーの方でも金属を使用しないため安心です。

症例1
義歯に、まったく金属のバネを使っていないタイプの一例です。
ノンクラスプデンチャー

症例2
義歯を、細いワイヤーと小さなストッパーのみで維持するタイプの一例です。
ノンクラスプデンチャー

症例3
義歯を、小さな金属のストッパーのみで維持するタイプの一例です。
ノンクラスプデンチャー

インプラント

インプラント

インプラントとは、抜けてしまった歯の根の代わりに、顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入し、その上に人工歯を取り付ける治療法です。入れ歯や差し歯(ブリッジ)に代わる治療法として国際的に広く認められた治療法です。

インプラントに対して、「なんとなく怖い」「手術が痛そう」といったマイナスイメージをお持ちの方も多いようですが、実はインプラント治療は、すでに半世紀以上の臨床実績があり、確立された安全な治療方法です。抜歯と同程度の手術が必要ですが、麻酔により痛みをほとんど感じることはなく、治療に伴う入院などは必要ありません。

健康で顎の骨の状態がよい場合は、高齢の方でも受けていただけます。また、近年では機能性だけでなく、審美性の面でも天然の歯に近い自然なものがご提供できるようになりました。

インプラントのメリットは?

●自分の歯のような自然な感覚
●噛む力が低下しない
●健全歯はそのまま保存できる
●審美的(外見)良好

質の高い安心・安全なインプラント治療

質の高い安心・安全なインプラント治療当院では、豊富な治療実績を持つ院長が、安心・安全なインプラント治療を行います。また、質の高い治療を行うためにCTを導入し、信頼性の高いメーカーのインプラント体を使用しています。なお、難症例の患者さまに対しては、信頼のおける大学病院の口腔外科を紹介します。

治療後は歯科衛生士がインプラントに適したメインテナンスを行います。定期的な検診やメインテナンスを受け、ホームケアもきちんと実施することでインプラントを長期間良好に使用することができます。

インプラント治療でどのように改善されるのでしょうか?

総入れ歯の方の場合総入れ歯の方の場合
●問題点
・味覚が異なります
・発音障害になる場合があります
・違和感、異物感を感じます
・痛みを感じる場合があります
・粘りのある食べ物や硬い食べ物に苦労します

次へ

●インプラント治療にした場合総入れ歯の方の場合
・違和感、異物感がありません
・審美的に良好で、自然にお話できます
・自分の歯に近い感覚で味覚が楽しめます
・食べ物を選ばず快適に食べられます
・治療から2ヶ月で噛めるようになります


部分入れ歯の方の場合部分入れ歯の方の場合
●問題点
・入れ歯の留め金によって痛みを感じる場合があります
・異物感、違和感があります
・審美性に欠けます
・粘りのある食べ物や硬い食べ物に苦労します
次へ

●インプラント治療にした場合部分入れ歯の方の場合
・留め具を必要としないので口の中がスッキリし、審美的にも良好です
・治療から2ヶ月で自分の歯に近い感覚で噛むことができます
・食べ物を選ばず食事を楽しむことができます


ブリッジの方の場合ブリッジの方の場合
●問題点
・隣の健康な歯を削らなくてはなりません
・支える歯に負担が少々かかります
・支える歯が2本以上必要です
・歯の抜けた部分の骨が、次第にやせていく場合があります

次へ

●インプラント治療にした場合ブリッジの方の場合
・健康な歯を削ることはありません
・顎の骨の吸収を防ぐことができます
・自然な感覚で噛めます
・治療から2ヶ月で自分の歯に近い感覚で食事が楽しめます


放置の方の場合放置の方の場合
●問題点
・周囲の歯が動きます
・対合していた歯が伸びてきます
・食べ物がつまりやすくなります
・噛む機能が低下します
     ↓
周囲の歯が歯周病やむし歯になりやすい

次へ

●インプラント治療にした場合放置の方の場合
・周囲の歯が動きません
・自分の歯を健康に保つことができます
・治療から2ヶ月で噛むことができます
・審美的に良好です(見た目がきれいです)

当院でのインプラント治療の特徴

手術が1回で終わります
インプラントには、手術が2回必要な『2回法』と、手術が1回で終わる『1回法』があります。当院では、約10年前より患者さまの負担が非常に少なくてすむ1回法を主に採用し、ほぼ100%に近い症例で成功しています。

早期に骨と結合します
インプラントの種類によっては、インプラントと骨が結合するまでに5~6ヶ月程度必要とするものがありますが、当院のインプラントは約1ヶ月から2ヶ月で早期に強固に結合します。

高性能のインプラントを比較的安価で提供します
できるだけ幅広い患者さまに治療を受けていただきたいと考え、高性能のインプラントを比較的安価な治療費でご提供しています。

アフターケアでインプラントとお口を守ります
当院のインプラントは耐久性にも優れているため、定期検診とクリーニングを受けられている患者さまは長く快適に使用されています。インプラントに適したメインテナンスを行い、ホームケアの適切なやり方もご指導いたします。

インプラント治療の流れ

初診・カウンセリングインプラント治療の流れ
初診ではまずカウンセリングを行い、患者さまの主訴やご要望をお伺いします。そしてインプラントのメリット・デメリットをていねいにご説明し、治療に対する理解を深めていただきます。

次へ
精密検査・診断インプラント治療の流れ
口腔内検査およびレントゲン、CT撮影などの精密検査と診断を行い、治療計画を立てます。ていねいにご説明し充分に納得いただいてから治療方針を決定しますのでご安心ください。

次へ
インプラント手術インプラント治療の流れ
インプラント体(人工歯根)の埋入手術を行います。当院は1回法を採用しており、手術はこの1回で終わります。その後、1~2ヶ月程度の治癒期間を持ち、インプラント体がしっかりと顎の骨に定着するのを待ちます。

次へ
上部構造(人工歯)のセットインプラント治療の流れ
インプラント体が骨に定着したら歯型を採取し、技工所で人工歯を製作します。完成した人工歯を装着し、咬み合わせの調整をして完了となります。

次へ
治療後の定期検診とメインテナンスインプラント治療の流れ
インプラントはお手入れが行き届かないと、インプラント歯周炎などのトラブルが起こります。天然歯と同様に3ヶ月~6ヶ月に一度のペースで検診とメインテナンスを行います。

インプラントに関するよくある質問

Q.治療は痛いのでしょうか?
A.インプラントは歯を抜く場合と同程度の手術が必要です。麻酔をしますから痛みに耐えながら治療を行うようなことはありません。手術後、麻酔が切れると腫れや多少痛みが出る人もいますが、安静にするなどの処置で回復できます。

Q.治療費用は?
A.費用は、手術/インプラント/インプラントに被せる人工歯、の合計です。治療本数や部位により異なりますが、当院では比較的安価で提供しています。インプラント治療は健康保険が適用されませんが、医療控除の対象となります。

Q.治療に伴う入院や生活に支障はないですか?
A.患者さまの健康状態や治療本数などにより異なりますが、当院の手術においては入院の必要はありません。手術直後は抜歯をした時と同様、安静が必要です。以後、通常の生活で問題はありません。

Q.治療ができる年齢などの制限はあるのですか?
A.年齢性別での制限はありません。80歳の高齢者が治療を受け、健全な咬み合わせを回復した例もあります。顎の状態、体質や疾病(重度の糖尿病やアレルギーなど)によっては治療ができないこともあります。

Q.インプラントはどのくらいもちますか?
A.インプラントは永久的なものではありません。しかし、口の中を衛生的に保つことを心がけ、メインテナンスをきちんと行うことで10年以上良好に維持されている患者さまも沢山います。正しいお手入れがインプラントを長持ちさせることにつながります。

Q.いつから噛めるようになりますか?
A.使用するインプラントの種類や部位、また患者さまの顎骨の状態などによっても違いますが、当院のインプラントの場合、手術は1回で済み、噛めるまでに約2ヶ月を目安としています。

Q.インプラントの歯では何でも食べられるのですか?
A.インプラントに人工歯を被せた最終治療後、よく馴染むまでは無理して噛まずに柔らかい食べ物にしてください。その後は通常の食事ができるようになり、入れ歯や無歯では味わえなかった歯応えのある物など、何でも食べることができます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております