« 2019年3月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2018年12月 9日

虫歯ってなに?

今回は誰でもわかっていそうで、正しくわかっていない虫歯についての
お話です。


キャプチャ.PNG

1.虫歯って何?
  虫歯とは、お口の中の細菌が糖質から作り出した酸によって歯が溶けた
状態のことを言います。初期の虫歯は見た目にはわかりにくく 痛みもありません。
しかし、これが進行していくと、冷たいものがしみたり、噛んだ時に痛みを感じたりじっとしていてもズキズキと痛んだり等の状態になっていきます。
  虫歯になりやすい人は、歯は磨いているけれども、磨けていない状態の方や、糖分の多い飲食を頻繁にくりかえされている方が多いと言えます。


2.虫歯の原因
  お口の中には、何億という数の細菌が存在します。その中で虫歯の原因となる菌は、"ストレプトコッカスミュータンス"という細菌です。
歯の表面は、唾液の成分から歯を守ろうとする薄い透明の膜で覆われています。ここにミュータンス菌など各種の菌が付着し糖分を餌として増殖して出来上がった細菌の塊が歯垢(プラーク)です。さらにこの細菌がデキストランというねばねばとした物質をつくりだし歯の表面に強力に付着します。
  同時に酸を作り出しプラークが付着した表面からはカルシウムイオンやリン酸イオンが溶け出してゆき、この状態が長く続くと歯の表面に穴があいて虫歯の状態になります。


3.虫歯の治療
  まだ、穴があいていない初期の虫歯なら歯を削らずに、治療することが、できます。歯面に付着したプラークを除去し、再石灰化を促す薬剤を歯の表面に塗布して虫歯の進行を健康な歯の状態に戻すことができます。
  穴があいてしまった虫歯は、虫歯菌に感染した部分を削りとり最新の各種白い詰め物(レジン、セラミックスなど)や、かぶせ物(金属、ジルコニアなど)で修復することができます。


4.虫歯の予防
  虫歯は感染症のひとつではありますが、毎日の習慣と心がけ次第で、これからの新たな虫歯をゼロにすることは、可能です。
  その一つは糖質の摂取を限りなく少なくしてゆくことです。もう一つは、完璧なブラッシングを続けてゆくことです。
  当院では、患者様に応じた完璧に近いブラッシング方法をご提案いたし
ますので、お気軽にご来院下さい。
 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

▲ホームへ戻る▲

中川歯科医院
院長 中川雅文

院長 中川雅文

こんにちは。大阪市此花区伝法にある中川歯科医院の院長/中川雅文です。数ある歯科クリニックのサイトの中から、当院をご覧いただきましてありがとうございます。当院には、口腔外科を得意とする二人のドクターが診療を行っています。

Google +1