« 2019年5月
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
2019年4月 1日

"定期健診" のススメ 

今、日本では人生100年時代と言われるようになってきました。
その人生を、あなたは生涯自分の歯で噛んでみたいと思われませんか?そのために、最も効果がある"定期健診"のお話です。

b461e63cacd7477ce6825c312b4507b7_s.jpg

Ⅰ 今なぜ、"定期健診"なのか?
 昔は、年齢を重ねると歯が抜けてしまい、総入れ歯になってしまうのが、あた
り前のことの様に思われてきました。しかし、今は違います。お口の中の管理さえすれば、一生、自分の歯で噛むことができるのです。 当院では、一度治療が終わった患者様には、基本的に3ヶ月に一度の割合で、定期健診にお越しいただいています。どんなにホームケアができる人でも3ヶ月位たつと、お口の中に細菌による汚れの蓄積ができ、虫歯や歯周病の原因となっていきますので、それらを定期的に除去することが、大切です。
この定期健診の先進国であるスウェーデンでは、若いころから国民の90%くらいの人たちが定期健診を受けており、70歳くらいになっても20本以上の(もともと28本くらいあった)歯が残っています。これに対し日本人は定期健診受診率2%で、70歳では8本くらいしか残っていなかったという驚くべきデータが、あります。
 歯をご自身で磨くことは非常に大切ですが、"歯を磨く"だけでは、歯を残すことはできないのです。

Ⅱ 当院での"定期健診"の内容
1.虫歯のチェック
   虫歯は、肉眼でみえるところだけでなく、歯と歯の間などの直接見えないところにもできやすいのです。また、一度治してあっても、その周囲に新たな虫歯ができていることもあります。
2.歯ぐきのチェック
   歯のまわりのポケット(歯周ポケット)の深さを測ります。この深さを測ることで歯周病の進行状態をチェックすることができます。
3.歯垢の染め出しチェック
   歯垢(プラーク)は、虫歯や歯周病の原因ですが、これがきれいに取れている
か、あなたのブラッシングが行き届いていないところをチェックします。
4.歯垢や歯石を取る
   歯ブラシで取りきれない部分の歯垢や、石のように硬くなってへばりついてる歯石
は、歯ブラシでは取れないため、超音波スケーラーを使って取り除きます。
5.ブラッシング指導
   歯と歯ぐきの正しい磨き方は、その人の歯並びや歯磨きの癖などのため、一人ひと
り違うものです。歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシなどの正しい使い方をお
教えします。
6.お口の中の粘膜の病気のチェック
   舌、唇,口角などの粘膜にできる炎症には、お口の中に原因があるものと全身的な
原因があるものとがあります。また、口腔粘膜の異常は、口腔がんなどの病気の可
能性もあります。
7.顎の痛み、歯並びの不具合、その他
   顎の痛みや不具合は、顎関節症とよばれる病気のことが多いです。その他歯並びの
不具合、お口の中の気になることは、お気軽に相談して下さい。
   
Ⅲ なぜ、3ヶ月に一度の定期健診なのか?
  この疑問をお持ちの方は多いと思います。虫歯や歯周病の原因は、プラーク(歯垢)ですが、これは、初期のうちなら歯ブラシで取り除くことができますが、磨きにくい歯と歯のすきまにとりきれないプラークが残ってしまうと、そこへまた他の細菌同士が寄り集まってスクラムを組んだ状態となり、またネバネバとした膜で自分たちを守ろうとしている細菌の塊となっていきます。この状態のものをバイオフイルムとよんでいます。
 このバイオフイルムは、だいたい3~4ヶ月で形成され虫歯や歯周病の温床になっていきます。一旦このバイオフイルムが出来あがるとそれは強固で抗菌薬もバイオフイルムの中に入ってゆくことができず効果がありません。又、ブラッシングでもこれを壊したり引き剥がしたりすることも簡単にはできにくくなっています。
 この為、治療後の良好な状態を保つためには、3ヶ月に一度のサイクルでこのバイオフイルムを取り除くことがベストなのです。このサイクルで、定期健診を受けていれば早期発見早期治療が可能となり常に健康なお口の状態を取り戻す事が出来るのです。
 定期健診は、長い人生をより快適に過ごしていただくために、是非実行していただきたい必須事項です。当院では患者様の歯が今後一本でも無くならないように全力を挙げて、治療と定期健診に取り組みたいと考えています。
 皆様のご来院を、スタッフ一同心よりお待ちしています。

▲ホームへ戻る▲

中川歯科医院
院長 中川雅文

院長 中川雅文

こんにちは。大阪市此花区伝法にある中川歯科医院の院長/中川雅文です。数ある歯科クリニックのサイトの中から、当院をご覧いただきましてありがとうございます。当院には、口腔外科を得意とする二人のドクターが診療を行っています。

Google +1