« 2019年9月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2019年8月 5日

禁煙のススメ 

タバコがガンの原因の一つであることは広く知られていますが、タバコが歯の寿命やお口の健康に大きな影響をあたえていることは、あまり知られていません。
今回はタバコとお口の健康とりわけ歯の健康との密接な関係のお話です。

pixta_43256319.png

Ⅰ  タバコと歯周病の関係
歯科医がもっとも実感していることは、喫煙者は歯周病の治療効果が上がりにくいという現実です。

 1.タバコの有害物質の為に、歯ぐきも硬くなり、また、出血しにくくなっている。
 2.歯と顎の骨を結びつける歯根膜が、タバコの有害物質で傷みやすい。
 3.歯根膜が傷むと歯が抜けやすくなる。               
 4.喫煙者の血管は収縮し血流が悪いため歯ぐきが腫れにくく病気の発見も遅れがちとなりやすい。
 5.治療をしても、回復が遅く、治りにくい。また、治療後、歯周病が再発しやすい。

Ⅱ  タバコとむし歯の関係
最近の研究では、従来言われてきた歯周病菌以外のむし歯菌も喫煙でその病原性が強まる事がわかってきています。
     
 1.むし歯菌もタバコの有害物質によって鍛えられてゆき、だんだんとパワーアップし、歯を溶かす酸をいっぱい作ってしまう。
 2.プラークの外膜は段々とネバネバ度を増して丈夫になり、歯の表面にひっつき、糖を食べて酸をいっぱいだしてゆきます。
 3.もとからタバコを吸わない人に比べて、タバコを吸う人がむし歯になる
確率は約5倍といわれています。

Ⅲ  タバコとインプラントの関係
インプラントも、喫煙の有無が、その成否に大きく影響を受けます。

 1.顎の骨の中に埋め込んだインプラント体は、タバコを吸わない人に比べ、タバコを吸う人の顎の骨の血流が悪いため、強固に結合するまでの時間が長くかかります。
 2.顎の骨の反応が悪すぎる場合、インプラント体と骨のすきまに肉芽組織が入り込むリスクが増え、インプラント体がしっかりとくっつきにくくなることがあります。
 3.インプラントが骨と結合したとしても、喫煙者の骨の血流が悪いため免疫力も低く歯周病菌が増殖しやすく、インプラント周囲炎になりやすい。

Ⅳ  タバコとお口の中の粘膜との関係
お口の中の粘膜にも、タバコの害をいっぱい受けています。

 1. タバコの煙に含まれる有害物質で、健康な粘膜のコラーゲンが失われ、粘膜は硬くなり徐々に角化してゆきます。
 2.舌の表面にある味覚のセンサーの働きが悪くなり、味の感覚が鈍くなってゆきます。
 3.タバコを吸うと舌の表面に舌苔がつきやすくなり、これが口臭の原因にもなっています。
 4.タバコの煙の中に含まれる発がん性物質により、お口の中の粘膜から、ガン化するリスクが高まります。


その他、タバコを吸う家庭のお子様に虫歯が多いこともわかってきておりタバコを吸わない家庭のお子様のむし歯の数と比べ、約2倍と言われています。 タバコの煙は、本人のお口の中はもちろん、周囲の人たちのお口の中の健康に多大なる悪影響を与えていると言えます。一日も早く禁煙されることをおススメします。

▲ホームへ戻る▲

中川歯科医院
院長 中川雅文

院長 中川雅文

こんにちは。大阪市此花区伝法にある中川歯科医院の院長/中川雅文です。数ある歯科クリニックのサイトの中から、当院をご覧いただきましてありがとうございます。当院には、口腔外科を得意とする二人のドクターが診療を行っています。

Google +1