« 2020年5月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2020年5月 7日

"根面う蝕"と"歯冠先端部う蝕"とは?

 歯は、ものを噛む部分である"歯冠部"と歯を支えている"歯根部"からできています。"歯冠部"は歯肉より上にあり、"歯根部"は歯肉に埋まっている部分ということになります。
 主に歯周病や加齢現象などから歯肉が下がり、歯の根元の部分が露出した部分を"根
面"とよんでいます。そして、その部分のむし歯を"根面う蝕"といいます。
 また、加齢とともに増えてくるう蝕の中に、前歯の先端部う蝕があります。これは年齢を重ねると主に咬耗により、歯牙の表面のエナメル質が薄くなり、やがて象牙質が露出しその部分が今まで以上に咬耗とう蝕も進行しやすくなり、知らぬ間に先端部が臼状の穴(くぼみ)となってくる状態をいいます。この2つのう蝕は、いずれも高齢者になってからおこりやすくなるう蝕であり、これらのう蝕に対する対策について、考えてみました。

pixta_40909263_XL.jpg
 
Ⅰ.なぜ、"根面う蝕"がおこりやすい?!
1. 根面本体は象牙質ですが、その表面は薄いセメント質で覆われているだけなのです。
 歯冠部には、分厚いエナメル質が全体を覆っていますが、歯根部には、約20ミクロン程度のセメント質があるだけです。その薄いセメント質が露出していると、その部分は、細菌の出す酸に簡単にやられてしまい、象牙質がむき出しの状態になってしまいます。

2. 露出した象牙質は、エナメル質よりも、細菌の出す酸に弱い。
 私たちのお口の中は、飲食のたびに、細菌の出す酸により、PHが下がります。象牙質はエナメル質に比べその成分が溶け出すPHが高く、PH6.4です。一方、エナメル質はPH5.5です。つまり、エナメル質では、溶け始めないPHでも、象牙質では溶け始めてしまうということです。これは、細菌の酸に限らず、酸性の飲料水でも、同じ事が、おこります。

3. 根面は、むし歯の進行が止まりにくい。
 歯冠部のエナメル質は、無機質が95%、有機質が5%です。これに対して象牙質の組成は、無機質が65%で、残り35%が有機質です。そして有機質のほとんどが、コラーゲンです。エナメル質は、ハイドロキシアパタイトの結晶が規則正しく並んでできています。これに対し、象牙質は、格子状のコラーゲンを足場にして、ハイドロキシアパタイ
トの結晶がくっついています。エナメル質のむし歯は、細菌の出す酸により、表層にあるハイドロキシアパタイトの結晶内の成分が溶け出すことで進んでいきます。しかし、溶けだした成分は、唾液の力である程度、結晶内へ戻っていきます。
 これに対して、象牙質では、細菌によりハイドロキシアパタイトの結晶が壊されるのに続き、コラーゲンの層が"コラゲナーゼという細菌の酵素により分解されます。壊されたコラーゲンを修復する力は、唾液にはないため、壊れたコラーゲンの層は、むき出しのまま、新たな酸にさらされていくことになります。
 これが、根面の象牙質では、むし歯の進行が止まりづらい理由です。

4. 根面う蝕への対策
 むし歯予防の基本は、歯ブラシでプラークを除去することです。根面のう蝕は、歯頚部へのブラッシングを重点的になされていれば、そんなに恐れることはないかと思われます。ただ、年齢とともに、この部分がむし歯になりやすい、要注意部分であるという意識をもって歯磨きをすることが、大切です。
 また、歯の修復を促すフッ素入り歯磨剤を是非利用してください。根面の象牙質のむし歯予防にも、一定の効果が認められています。その他、特に高濃度フッ素配合歯磨き剤(1450ppm以上)や、フッ素入り洗口剤を併用すれば、初期の根面う蝕を再石灰化することが可能であることもわかってきています。
 細菌によるコラーゲンの分解に対しては、フッ素の力で抑制することは、できませんが、そのコラーゲンを保護する成分ピロリドンカルボン酸を配合した歯磨剤Check-Up rootcare(ライオン歯科材)も、販売されています。

Ⅱ. なぜ、"歯冠先端部う蝕(前歯部)"がおこりやすい?!
1. 前歯の歯冠部先端部分は、元々分厚いエナメル質で保護されている部分であり、若い人のこの部分が、う蝕になっていることは、ほとんどありません。しかし、何十年という長い年月を経過した前歯の歯冠部先端部分は、多かれ少なかれ、長年の食生活の中で、咬耗状態に陥っています。そのため、先端のエナメル質部分が、徐々に薄くなり、やがて、象牙質が露出した状態になっていきます。そうなると、根面う蝕の状態となり、同じことが歯冠先端部でもおこってくることが、容易にお分かりになるかと思います。

2."歯冠先端部う蝕"への対策
 根面う蝕への対策に準じますが、多くの人が、前歯の歯冠先端部分をブラッシングするという習慣がないかと思われます。咬耗を食い止めることはなかなか難しいかと思われますが、毎回のブラッシング時に前歯先端部う蝕予防に歯ブラシでこの部分を意識的にケアーされることをお勧めします。

Ⅲ.最後に
 "根面う蝕"と"歯冠先端部う蝕"は、現在、かなり増えている病変です。ただ、両者とも無症状に経過していることが多く、"もともと歯が丈夫でむし歯になったことがない"という方も要注意のむし歯のひとつです。そしてそういう方こそ、当院に一度検診においで下さい。そんなあなたに合った、最も効果的なブラッシング方法をお教えいたします。


スタッフ一同、皆様のご来院を心よりお待ちしております。

▲ホームへ戻る▲

2019年11月 7日

<酸蝕歯って何?>

歯は酸に弱く、酸性度の強い飲食物に長時間触れていると表面が溶けていきます。歯はカルシウムを含む成分から出来ていて、これが酸に触れると化学反応をおこし分解し溶けてしまいます。この現象を、歯の酸蝕といい、酸蝕により溶けていった歯を"酸蝕歯"とよんでいます。今回は、最近当院でも急増している酸蝕歯についてのお話です。
悩む女性pixta_23159614_XL.jpg

 Ⅰ 酸蝕歯は、むし歯、歯周病、に次ぐ第三の疾患‼
 30年位前までは、メッキ工場やガラス工場で働く工場の人たちが、酸性ガスを吸ってしまうことで酸蝕歯が発症することがあると言われていました。しかし現在では、作業環境の改善により、この酸蝕歯は、大幅に減少し現在では、一般の人たちの、飲み物や食べ物による酸蝕歯が急増しています。近年、酸蝕歯は、むし歯、歯周病に次ぐ第三の疾患として問題になっています。2015年に国内で行われた15歳から80歳までの1108人を対象に行われた調査によると、酸蝕歯がある人の割合は26.1%で、約4人に1人が酸蝕歯になっているという結果が示されました。
 
 Ⅱ 酸蝕歯の特徴

 1. 黄ばんでいる
  エナメル質がすり減ると、その下にある黄色味をおびた象牙質がみえやすくなる。
 2.光沢を失う
  エナメル質がすり減ると歯は光沢を失い、くすんで見える。
 3.歯の先端が透明になってくる。
  エナメル質が薄くなると、歯の先端が透けて見える。
 4.歯がしみる
  歯を保護していたエナメル質がすり減り象牙質が露出し知覚過敏を引き起こす。
 5.歯の先端が丸みを帯びてくる。
  歯の先端が最も酸蝕が起こりやすいために、丸みを帯びた歯となっていきます。

 Ⅲ 酸蝕歯の原因
 酸蝕歯の原因は、歯が酸性度の高い飲食物の中に長時間さらされることで歯の表面のエナメル質は、酸性度を示すpHの値が、5.5以下になると、溶けやすくなります。以下に人気の高い清涼飲料水やお酒のpHについて調べてみました。

コカ・コーラpH2.2  
ペプシコーラpH2.8  
三ツ矢サイダーpH3.4
カルピスウォーターpH3.4
ポカリスエットpH3.5
午後の紅茶レモンティーpH3.5
アサヒスーパードライpH3.9
プレミアムモルツpH4.1
黄桜pH4.4
午後の紅茶ストレートティーpH5.5
ヘルシアコーヒーpH5.9
伊右衛門茶pH6.2
午後の紅茶ミルクティーpH6.8
いろはすpH6.9  
ボルビック水pH7.0
<ふだんのお口の中は pH7.0>

#コーラをはじめ炭酸飲料や人気の高いスポーツドリンクなども かなり酸性度が
高いということです。毎日これらの酸性度の高い飲み物を飲んでいる方、また、
仕事中や運転中に少量ずつをダラダラと飲んでいる方は要注意です。次に人気の高い健康飲料水や柑橘類、調味料などのpHについても調べてみました。

レモンpH2.1
リポビタンD pH2.5
黒酢原液pH2.4
チオビタドリンクpH2.5
チョコラBBドリンクpH2.8
グレープフルーツpH3.2
CCレモンpH3.6
ヤクルトpH3.6
味ぽんpH3.8
シーザーサラダドレッシングpH4.1  
明治ブルガリアヨーグルトpH4.1
アクアライトORS pH5.5
ヘルシア緑茶pH5.9
胡麻麦茶pH6.0
おいしい牛乳pH6.8
<ふだんのお口の中>pH約7.0

#健康飲料水は習慣的に飲むことで、効果を発揮することが多く、その飲料水の酸性度がたまたま強いと、歯が大きなダメッジを受けているかもしれません。美容や健康のために黒酢や柑橘類のような高濃度の酸の摂取には、注意が必要です。

 Ⅳ 酸蝕歯の副作用
   
 1.酸蝕歯のせいでむし歯がよりひどくなる
 本来、歯を硬く守ってくれているエナメル質が、酸蝕のせいで溶けて薄くなると、その分むし歯への抵抗力が落ちていきます。酸蝕で象牙質が露出すると、象牙質はエナメル質に比べてはるかに軟らかいために、一気にむし歯が進行してゆきます。

 2. 酸蝕歯のせいで咬耗がよりひどくなる
 酸蝕された歯に歯ぎしりなどの強い力が加わると酸で軟らかくなった歯が大きく削れていきます。また、酸で溶けて軟らかくなった歯を硬い歯ブラシで強くこするとエナメル質が摩耗して薄くなっていきます。

  Ⅴ 酸蝕から歯を守るためにやるべきこと

その注意点をいくつか挙げてみました。

 1. 酸性度の高いものを食べた後は、歯磨きは30分後にする
 すっぱい物を食べた後は、歯の表面が溶けて軟らかくなっています。酸蝕歯にならないように、唾液が歯の表面の修復をしてくれる30分間待って、その後に歯磨きしましょう。
   
 2.酸性度の高い健康食品や美容のためのサプリメントに注意
 健康意識の高い人に人気のある黒酢や柑橘類。これらを継続して使っている生活習慣の方々には特に注意が必要です。これらを摂取したあとは、水やお茶で口腔内を洗い流すクセをつけてください。

 3.酸性度の高い食品の摂取方法
 小さなお子様におやつを与えることは子供の成長にとても大事なことなのですが、そのおやつをだらだらと、長時間に渡り与えるとむし歯になりやすいのと同じで、高酸性度のスポーツドリンクを長時間こまめに飲み続けていると酸蝕歯の原因となっていきます。特にお口の中がかわく運動中は、唾液の量も減っているため特に注意が必要です。水やお茶でもお口の中をうるおすことが大切です。
 また、高酸度の飲料水をお家の中で摂取される場合は、直接歯に触れないようにするためにストローを使い、又、お口の中に溜めないようにすることも効果があります。

 4.もしかしてあなたも酸蝕歯?‼
 酸蝕歯は、わが国でもその患者さんが急増してきています。しかし、その初期のうちは、顕著な症状になっていないため、多くの人々がまだまだ、酸蝕歯だとは、気が付いていないのが現状です。
  

半年以上歯科医院で定期健診を受けられていない方々は、是非一度当院においで下さい。むし歯と歯周病そして酸蝕歯の検査をおこないます。スタッフ一同皆様のご来院を心よりお待ちしております。
  

▲ホームへ戻る▲

2018年12月 9日

虫歯ってなに?

今回は誰でもわかっていそうで、正しくわかっていない虫歯についての
お話です。


キャプチャ.PNG

1.虫歯って何?
  虫歯とは、お口の中の細菌が糖質から作り出した酸によって歯が溶けた
状態のことを言います。初期の虫歯は見た目にはわかりにくく 痛みもありません。
しかし、これが進行していくと、冷たいものがしみたり、噛んだ時に痛みを感じたりじっとしていてもズキズキと痛んだり等の状態になっていきます。
  虫歯になりやすい人は、歯は磨いているけれども、磨けていない状態の方や、糖分の多い飲食を頻繁にくりかえされている方が多いと言えます。


2.虫歯の原因
  お口の中には、何億という数の細菌が存在します。その中で虫歯の原因となる菌は、"ストレプトコッカスミュータンス"という細菌です。
歯の表面は、唾液の成分から歯を守ろうとする薄い透明の膜で覆われています。ここにミュータンス菌など各種の菌が付着し糖分を餌として増殖して出来上がった細菌の塊が歯垢(プラーク)です。さらにこの細菌がデキストランというねばねばとした物質をつくりだし歯の表面に強力に付着します。
  同時に酸を作り出しプラークが付着した表面からはカルシウムイオンやリン酸イオンが溶け出してゆき、この状態が長く続くと歯の表面に穴があいて虫歯の状態になります。


3.虫歯の治療
  まだ、穴があいていない初期の虫歯なら歯を削らずに、治療することが、できます。歯面に付着したプラークを除去し、再石灰化を促す薬剤を歯の表面に塗布して虫歯の進行を健康な歯の状態に戻すことができます。
  穴があいてしまった虫歯は、虫歯菌に感染した部分を削りとり最新の各種白い詰め物(レジン、セラミックスなど)や、かぶせ物(金属、ジルコニアなど)で修復することができます。


4.虫歯の予防
  虫歯は感染症のひとつではありますが、毎日の習慣と心がけ次第で、これからの新たな虫歯をゼロにすることは、可能です。
  その一つは糖質の摂取を限りなく少なくしてゆくことです。もう一つは、完璧なブラッシングを続けてゆくことです。
  当院では、患者様に応じた完璧に近いブラッシング方法をご提案いたし
ますので、お気軽にご来院下さい。
 皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

▲ホームへ戻る▲

中川歯科医院
院長 中川雅文

院長 中川雅文

こんにちは。大阪市此花区伝法にある中川歯科医院の院長/中川雅文です。数ある歯科クリニックのサイトの中から、当院をご覧いただきましてありがとうございます。当院には、口腔外科を得意とする二人のドクターが診療を行っています。

Google +1