« 2019年3月
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
2019年3月11日

"白い歯" のススメ

特に女性の患者さんから要望の強い"白い歯"のお話です。
歯科の分野も技術革新がすすみ、歯のかぶせ物や詰め物を コンピューターを使って今までよりもより精度の良いものをつくることが出来るようにまでなってきました。

0I9A5582ISUMI_TP_V.jpg

*保険でできる"白い歯"

1.前歯(上下とも6本ずつ)にできるかぶせ物
 保険で出来る白い歯は、そのほとんどが前装冠とよばれる種類の歯で、その中心部を、薄い金属で作り、その表面にレジンとよばれる光重合型の樹脂を貼り付けて作る製法のものです。この前装冠により、強度や審美性は、かなり良くなりましたが、耐久性に関しては年数が経過すると、表面のレジンが段々と磨り減ることと、色調が落ちてくるといった欠点があります。

2.小臼歯(前から数えて4番目と5番目の歯)にできるかぶせ物
 以前は、保険で出来る白い歯は、全体を硬いレジンのみで作る硬質レジン冠というかぶせ物しか作ることが出来ませんでしたが、現在は、前歯に適応されている前装冠もブリッジであれば、作ることができます。
 さらに、小臼歯に限っては、単独のかぶせ物であれば、CAD/CAM冠というコンピューターを使った歯を作ることができるようになっています。これは、型採りをして作った石膏模型をその歯の形をコンピューターが読み取りかぶせ物の形態を設計し(このことをCAD作業と呼んでいます)それに基づいて歯を作るブロック材料を加工機を使って削りだす作業(このことをCAM作業と呼んでいます)を行います。この時に使うブロックは、レジンに無機質のフイラーを含んだハイブリッドレジンのため、従来の硬質レジン冠に比べCAD/CAM冠は高い強度をもっています。

3、大臼歯(前から数えて6番目と7、8番目の歯)にできる白いかぶせ物
 最近になって、下顎の6番目の歯に限ってCAD/CAM冠の白い歯を作ることが出来るようになりました。ただし、これには条件があり、残りの上下左右の7番目の歯がすべて揃っている場合に限られます。下の6番目の大臼歯は笑ったときに結構見えるところですので気にしておられる方には、朗報かもしれません。

 *自費でできる "白い歯"
今までは、白い歯というと金属の表面に白い陶材を焼き付けて作るメタルボンドと呼ばれるものが、主流でした。しかし、10年くらい前より、ジルコニアという従来からあったセラミックよりもっと高度な硬さをもつ新しいセラミックが登場し使われ始めました。

ジルコニアは、
1. 強くて丈夫なので、大臼歯でもしっかり噛む事ができる。
2. 金属では出せない透明感のある歯を作ることができる
3. 金属の3分の1くらいの軽さで歯にかかる負担も軽減。
4. 精度が良く 耐久性・耐摩耗性にもすぐれる。
   
以上のような特性をもつジルコニアなのですが、これもコンピューターを使って陶材ブロックから削りだして作るため、色調が制限され、審美性に欠けることがあります。これを補うため、当院では、ジルコニアの表面にセラミックを焼き付けたジルコニアセラミックを使っています。

これにより、審美性も格段にすぐれ、透明感のある自然な歯をとり戻しています。保険でできる白い歯、自費でできる白い歯を手にいれたいとお考えの方は、是非、当院にご来院ください。
また費用につきましては他院より低価格・高品質な素材を使っております。より多くの患者様にご提供できるように安心プラン(月々の分割支払い)を導入しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

スタッフ一同、皆様のご来院を心よりお待ちしております。


▲ホームへ戻る▲

中川歯科医院
院長 中川雅文

院長 中川雅文

こんにちは。大阪市此花区伝法にある中川歯科医院の院長/中川雅文です。数ある歯科クリニックのサイトの中から、当院をご覧いただきましてありがとうございます。当院には、口腔外科を得意とする二人のドクターが診療を行っています。

Google +1