痛みとストレスのない治療を心がけています

痛みとストレスのない治療を

歯の治療をする時は患者さまのお口の中をいじるので、それだけでストレスを感じると思います。歯を削る治療などでは事前に麻酔をして痛みを軽減しますが、それでも不安になる方がいらっしゃいます。特に麻酔注射の針を刺した時や薬を注入する時に痛みを感じ、麻酔そのものを苦手と感じる方も多くいらっしゃいます。

麻酔時の痛みがなくなれば安心して治療が受けられます。当院では痛みとストレスをできるだけ回避したリスクの少ない治療を目指しています。限りなく無痛に近い治療を徹底させるために様々な取り組みを行っています。

痛みの少ない麻酔注射の取り組み

痛みの少ない麻酔注射の取り組み当院では30年の経験に基づいたテクニックで、痛みを緩和する様々な工夫をしております。麻酔前の表面麻酔と極細針、コンパクトな注射器などを使用することで、麻酔をかける時の痛みと心理的な不安を取り除いて痛みをコントロールしています。

表面麻酔の使用
麻酔注射をする時、針を刺した時にチクっとした痛みがあります。表面麻酔は針を刺した時の痛みを緩和する塗り薬です。麻酔前に患部に直接塗るとゆっくり薬が効いてきて、針を刺した時の痛みが感じにくくなります。

コンパクトな麻酔器
ユニットに座った時に大きい注射器が置いてあると、それを見ただけで不安になって恐怖心が出てきます。心理的な不安が強くなると麻酔時の痛みが強くなったり、効きにくくなったりします。少しでも不安を取り除くためにコンパクトタイプの麻酔器を使用しています。

極細の針を使用
注射針が太いと痛みが強くなります。通常0.30ミリの針が多い中で当院では0.26ミリの極細針を使用しています。極細針を使うと刺した時に余計な力が入りにくくなり、痛みが緩和されます。

落ち着いた対応で安心感を与える
麻酔をする上で一番重要なことは、自信をもって堂々と麻酔をかけることです。表面麻酔を充分に効かせることは大切ですが、あまりお待たせする時間が長いと患者さまは余計に不安になります。麻酔をかけるタイミングを見極めてサッと針を刺すと、ほとんど痛みを感じなくなります。当院では「痛くありませんでした」とおっしゃる方がほとんどです。

できるだけ削らない取り組み

できるだけ削らない取り組み当院では歯を長持させるために、できるだけ削らない治療を徹底しています。歯を削るのは傍目から見ると簡単に見えますが、実は経験が浅いと削り過ぎたり、取り残したりすることがあります。削り過ぎや取り残しは、むし歯の再発に繋がるだけでなく補綴物の仕上がりが悪くなり見た目にも影響します。

当院は30年の経験で培った技術で必要最小の量だけを削るので、削り過ぎたり取り残したりすることがありません。かぶせ物や詰め物を入れた時の完成形をイメージして削る量を調整するので、むし歯だけを確実に取り除くだけでなく、美しく仕上げることができます。

できるだけ歯を残す取り組み

むし歯菌が歯の根にまで感染し、悪化して保存不能となり抜歯となってしまうケースがあります。当院では残っている根が10ミリ以下であっても、残せる可能性があれば最大限の努力をいたします。例えば根っこが短い場合、両隣の歯にかぶせ物を入れられる状態であれば、抜歯をせずに両隣と連結することで残すことができます。30年の経験で培ったノウハウで今ある歯を可能な限り残すことを目指します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております