此花区伝法の歯科・歯医者なら

〒554-0002 大阪府大阪市此花区伝法 6-5-8-100 グレイス伝法1階
阪神電車「伝法駅」より徒歩7分

診療時間
9:30~13:00 ×
15:00~19:00 × × ×

休診日:日曜・祝日・木曜午後・土曜午後
※火曜・水曜・金曜のいずれかが祝日の場合は
木曜午後も診療(最終予約時間は18時となります)

ご予約・お問合せはこちらへ

06-6463-6301

当院の小児歯科

痛みの少ない、お子さまの虫歯治療

大人でも、痛みを伴う歯の治療は嫌なものです。ましてや小さなお子さまであれば、大人以上に恐怖心が強く、痛みが苦手でも無理もありません。痛みが怖くて歯医者に来られないお子さまを、一人でも多く救いたい。その思いから、当院ではできるだけ痛みを感じさせない、痛みの少ない治療をしています。

なるべく麻酔を使いません

痛みをやわらげるためには、麻酔注射が有効です。しかしお子さまの中には、歯を削ることよりも注射が怖くて、歯医者嫌いになってしまう方もいらっしゃいます。そのため私どもでは、可能な限り麻酔注射をしない方がよいと考えています。

その考えをもとに当院で実践しているのは、なるべく虫歯の初期の段階で治療することです。虫歯の初期段階で治療を行えば、ほとんど痛みを感じなくて済みます。つまり麻酔なしでも、虫歯の治療が可能なのです。

しかしこの方法は、どの歯科医師でもできるわけではありません。お子さまの場合、表面だけに見えた虫歯でも、実は神経の近くまで達していたというケースがあるためです。このような理由から、経験の浅い歯科医師が担当すると、表面の虫歯について削るべきか経過観察するべきかの判断が難しいことがあります。

その点、当院では治療経験32年以上(※)の歯科医師が担当しますので、虫歯が神経の近くまで達しているのか、表面だけなのかをしっかりと見極めることが可能です。当院が虫歯の初期段階で治療を行い、麻酔注射をしなくて済むようにできるのは、歯科医師の長年にわたる経験があるからなのです。

麻酔が必要な場合も、痛みへの配慮を

どうしても麻酔をかけて治療する必要がある場合には、お子さまが痛みを感じないよう、最大限に配慮しています。その一つが、注射の打ち方を工夫して、痛みが少なくなるようにすることです。

治療に先駆けて、まず歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用します。歯ぐきにあらかじめ麻酔をかけるので、注射を打ったときの痛みを軽減することが可能です。また注射針は、細ければ細いほど刺すときの痛みが少なくなるため、細いタイプを採用しています。

麻酔液を注入する際は、時間をかけて少しずつ行います。少量ずつゆっくりと麻酔液を注入していくと、身体への刺激を減らし、痛みを感じにくくできるためです。手動による注入速度の調節は、経験を積み重ねなければ会得が難しいテクニックですが、32年以上(※)の経験がある当院の歯科医師なら、痛みを感じにくい速度で麻酔液を注入できます。

このように、できるだけ麻酔を使わず、もし麻酔が必要になっても極力痛みを感じないような治療を実現しています。「痛みが怖くて歯医者さんに行けない」というお子さまも、ぜひ一度当院にお越しください。

※ 2021年現在

当院の痛みの少ない虫歯治療について詳しくは以下をご覧ください。

0歳からの予防歯科。年齢に応じたケアとアドバイスを

「まだ歯が生えていないから、歯医者さんは必要ない」そんな風に思っていませんか?

実は歯がまだ生えていない乳幼児期から、保護者の方と一緒に歯科医院でケアを受けることが、お子さまの健やかな成長につながります。

乳幼児期のケア

お子さまの歯が生え始める前に、まずは保護者の方がお口の中を清潔に保ち、お口の中の虫歯菌を減らしておけば、お子さまへの虫歯菌の感染を遅らせることが可能です。虫歯菌への感染を遅らせられると、将来虫歯にかかりにくいお口になります。保護者の方ご自身がお口のケアをすることで、虫歯にかかりにくいお口をお子さまにプレゼントできるのです。

当院では離乳の時期や、お子さまの食生活などのアドバイスも可能ですので、お気軽にご相談ください。

小児期のケア

お子さまの歯が生え始めたら、歯磨きの習慣をつけることや虫歯の予防が大切になってきます。私どもではお子さまの歯磨きや仕上げ磨きの方法をお教えしたり、虫歯予防のために歯を強くするフッ素を塗布したりといったケアをご提供いたします。

学童期のケア

引き続き虫歯を予防していくのと並行して、歯並びや噛み合わせのチェックも実施。お子さまの成長する力を利用した「咬合誘導」や「予防矯正」ができますので、この時期に定期的に歯科を受診していれば、将来大がかりな矯正治療をしなくても済むようになります。

このようにお子さまの歯科の受診には、早過ぎるということはありません。乳幼児期から小児期・学童期まで定期的にケアしていくことが、お子さまの健やかな成長のためにも必要なのです。

小児歯科治療の流れ

お口の検査

お口の中を拝見し、歯や歯ぐきの状態を確認します。痛みのある検査はありません。必要に応じてレントゲン撮影も行います。

治療計画の説明

お子さまのお口の中がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

治療にむけてのサポート

当院では、嫌がるお子さまを押さえつけてムリヤリ治療することはありません。そのため、お子さまご自身が納得して治療を受け入れられるようになるまでに数回の通院が必要な場合があります。

治療

お子さまが治療に納得できたら、いよいよ治療を開始します。

歯磨きや食生活について
アドバイス

虫歯ができないように、お子さまに歯磨きの練習をしていただいたり、保護者の方には食生活や日常ケアについてアドバイスをします。

再発予防

お子さまの健康を守るために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

06-6463-6301

診療時間

 
午前 ×
午後 × × ×

午前:9:30~13:00
午後:15:00~19:00
休診日:日曜・祝日・木曜午後・土曜午後
※火曜・水曜・金曜のいずれかが祝日の場合は、木曜午後も診療
※最終予約時間は18時となります

06-6463-6301

〒554-0002
大阪府大阪市此花区伝法 6-5-8-100 グレイス伝法1階

阪神電車「伝法駅」より徒歩7分