院長あいさつ

院長あいさつ

こんにちは。大阪市此花区伝法にある中川歯科医院の院長/中川雅文です。
数ある歯科クリニックのサイトの中から、当院をご覧いただきましてありがとうございます。

当院には、口腔外科を得意とする二人のドクターが診療を行っています。院長は神戸大学、副院長は京都大学附属病院で共に臨床経験を積み、この地に開院してから間もなく30年を迎えようとしています。当院ではこれまで培ってきた経験をもとに、質の高い治療の提供に努めてきました。

患者さまのライフスタイルが変化してきている今、歯科治療のニーズも多様化してきています。当院でも大勢の患者さまの要望にお応えするために、診療科目に一般歯科、審美治療・ホワイトニング、口腔外科・インプラント、入れ歯治療、小児歯科・小児矯正を掲げ、総合的な歯科診療を行っています。また、歯科用CT、炭酸レーザー治療器、電気メス、位相差顕微鏡などの高度な医療機器を取り揃えて治療の質を高めています。

院長あいさつ近年は開業医の数が増え、此花地区にも多くの歯科医院がありますが、幸いにも当院には地元・伝法地区はもとより、西九条や高見、春日出、酉島、島屋に至るまで、また、京都や兵庫県など遠方からも多数ご来院いただいております。すべての患者さまに満足していただける治療を提供できるように、全力をあげて治療にあたっています。

30年という診療経験はかけがえのない財産です。様々な症例を経験してきていますので診断力と技術力には自信がありますが、それに過信せず今できる最善の治療を尽くすように心がけています。地域の皆さまの歯のホームドクターとして歯をお守りいたしますので、歯の健康に関する悩みがありましたらお気軽にご相談ください。ご来院を心よりお待ちしています。

院長 中川雅文 プロフィール

院長あいさつ昭和59年3月
徳島大学歯学部卒業後、神戸大学附属病院歯科口腔外科学教室入局。
島田桂吉教授の指導のもと、一般歯科、口腔外科、矯正歯科の研修につとめる。
また、臨床のかたわら、研究グループ「TMJ」にて顎関節症に対する治療法の研究にとり組む。

昭和62年11月
当地に歯科医院開設。
その後も約6年間神戸大学附属病院の研究生として研鑽。

・神戸大学附属病院歯科口腔外科同門会「楠歯会(くすばかい)」会員
・大阪府歯科医師会会員
・咲くやこの花高校校医
・日本口腔インプラント学会会員
・日本一般臨床医矯正研究会会員

《趣味》ジャズピアノ
北野タダオ氏(アロージャズオーケストラ)に師事

<メッセージ>
近年、矯正治療分野における技術革新は、目を見張るものがあります。

当院で採用している米国アライン社のインビザラインというマウスピース矯正は、1997年に開発され、これまでに世界100カ国以上の国々で提供され700万人以上の患者さんが治療をうけてきました。
(2019年6月現在)

これは、厚さ0.5mmの透明なマウスピースを1日20時間以上口腔内に入れておくだけで歯を移動させることができるというかなり精度の高い画期的な治療法です。

従来あったマウスピース矯正では、一つのマウスピースで1mmずつ歯を移動させるもので、しかも移動させた後の状態を次のマウスピースを作る為の印象(型どり)が何回も必要になるという煩雑なもので、精度もあまり良くありませんでした。

 しかし、このインビザラインによる矯正は、治療前に一度おこなった印象(型どり)で、理想的な審美性の良い咬合状態をコンピューター上で予測します。

そのあと、現在の状態を出発点として、また理想的咬合状態を最終目的地として、1回の歯牙の移動量を0.25mm動かすこととしたマウスピースをひとつずつ作製し、治療完了まで必要なマウスピースを一度に全部作製してしまうという驚くべき技術を駆使したものです。

マウスピースは全部でおよそ20個から40個必要となります。
 また、コンピューター上で精密な歯の移動を行うためには、より正確な歯の型取りが、必要になるのですが、この型取りも従来のような粘土のような材料でお口の中を直接型取りをするのではなく、iTeroと呼ばれる口腔内を3次元的に読み取る器械を使ったスキャン(光学印象)を行い、瞬時にアメリカのインビザライン製作会社にそのデータを送信するという方法が確立されています。

 これらの新しい技術を使っての矯正治療は、今までの矯正治療の常識を一変させてしまいました。

 今までのようにお口の中にいろいろな矯正装置(全部の歯の表面につけるボタンのような形のブラケット装置や、ワイヤー、あるいは大臼歯部の歯を動かすときの固定源としての金属の帯環それに付随する各種ブラケット装置など)をつける必要がなくなり、一回の治療にかかるチェアータイムが大幅に短縮されることになりました。

 そればかりでなく、基本的にこの技術はコンピューターが計算した歯の移動量を正確に再現したマウスピースを1~2週間ごとに交換するだけで理想の歯並びを実現することができるのです。ですから、今までのように矯正医の技術に左右されることなく、どのDrが治療してもほとんど変わらない同じ理想の歯並びへと変えていくことができるのです。

 その他、インビザラインのマウスピースは、0.5mmの薄さで出来ているため、違和感が
少なく、2~3日ですぐに慣れて会話も通常通り出来る様になります。
また、透明で目立ちにくいため、治療中であることを他人に気づかれにくいです。

営業のお仕事で接客される方でも、矯正治療中である事を気にせずに、仕事に集中できます。

他にも、従来の矯正治療では、治療期間中に金属製のワイヤーやブラケット装置がはずれるといった緊急性を要するトラブルがおこることがありましたが、このマウスピース矯正ではそういったトラブルがほとんどありません。もうひとつ、従来の矯正治療に比べると、とりはずしが可能なため、

いつでも簡単に歯のお手入れが出来て、口腔内をいつも健康な状態に保つことができます。
矯正装置が邪魔で、うまく歯ブラシができないといった悩みも、まったくありません

以上のように、インビザラインによるマウスピース矯正は、患者さんにとって、いいことずくめの画期的な治療法です。

 この画期的な治療法を是非たくさんの患者さんに体験して頂きたいとの思いから、治療費用は大阪市周辺地区で平均80万円(税別)くらいのところ、当院では、59.8万円(税別)で実施しています。

なお、従来の矯正治療の場合、経過観察料金が必要でしたが、当院では、マウスピース矯正については、その費用は無料です。その他詳しいことは当院にお問い合わせください。

 あなたも、この最先端技術を駆使したインビザライン治療で、しっかり噛めるキレイな
歯並びを手にいれませんか⁉
 皆様のご来院をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

副院長 中川祐子 プロフィール

副院長あいさつ昭和59年3月
日本歯科大学新潟歯学部卒業後、京都大学附属病院歯科口腔外科学教室入局。
飯塚忠彦教授の指導のもと、一般歯科、口腔外科の研修につとめる。
その他、熊本歯科、山本歯科の勤務医として研鑽。

平成2年11月
当地にて、副院長として現在に至る。

・京都大学附属病院歯科口腔外科同門会会員
・日本アンチエイジング医学会会員

《趣味》京舞
井上流名取り(故・四世井上八千代氏に師事)

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております